« 加藤九祚先生米寿の挑戦ツアー | トップページ | 3月19日池袋で新春交歓会 »

2010年9月24日 (金)

加藤九祚米寿ツアー概要まとまりました

加藤九祚先生は、9月中旬、ウズベキスタンを訪問し、文化芸術フォーラム基金などを訪問し、受け入れに際して、カラテパ遺跡の未公開出土品を一挙公開するなど、シンポジウム&フェスティバルについて打ち合わせました。その結果、中央アジア70年の考古学調査成果に基づき、玄奘三蔵が中央アジアからインドへどのルートを通って旅したかについてE.ルトヴィラーゼ・ウズベキスタン科学アカデミー会員の特別講演やウズベキスタン最高のミュージシャンや舞踊団が共演するフェスティバルの概要が固まりました。日本からは、中央アジア経由で日本に伝来した琵琶の時空を越えた最後の姿である津軽三味線やアジアのメロディ楽器のチャンピオンが同行し、遺跡コンサートなど各地で「アイルタム幻想 アムダリアを渡った響き」の演奏を行い、加藤先生の20年にわたる画期的仏教遺跡発掘顕彰に花を添える予定です。多くの方々が、二度とないこの催しに参加されるのをお待ちしています。中央アジアと日本・心のシルクロードを訪ねるキャラバンの内容は「tourpoint.pdf」をダウンロード です。

|

« 加藤九祚先生米寿の挑戦ツアー | トップページ | 3月19日池袋で新春交歓会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126193/49548751

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤九祚米寿ツアー概要まとまりました:

« 加藤九祚先生米寿の挑戦ツアー | トップページ | 3月19日池袋で新春交歓会 »